セミオーダーで注文住宅を建てるメリット

低コストでの注文住宅建築が実現!

注文住宅を建築する際には、全てを自己流で建築するフルオーダータイプと、キッチンやトレイなどを部分的にカスタマイズしていくセミオーダー型から選んでいくケースが多いです。自分が考える理想の住環境を構築できる注文住宅とはいっても、全てをイメージ通りに仕上げていては、コストや期間が掛かり過ぎてしまうのも現実です。日常的に利用頻度の高い部分を中心に、イメージ通りの住環境へと変えていけるセミオーダー型であれば、注文住宅の利点を活かしながら、理想の住環境に近づけていけるのです。セミオーダー型とはいっても、施工に際しての自由度は高くなっています。間取りの変更は難しくても、壁の色や床に用いる素材などを、自分流にアレンジすることは可能です。

住宅メーカーが提供するモデルタイプを参考にすることが大切!

セミオーダー型で注文住宅を建てるにあたっても、建築知識に疎い方は、どの部分までカスタマイズできるかイメージできないのが普通でしょう。注文住宅を提供するメーカーでは、施工事例に基づいたモデルルームの提供を行っています。不動産情報サイトに掲載されている情報や、カタログに記載されている情報だけでは、完成形のイメージを掴めない場合も多いものです。住宅メーカーが提供するモデルルームを訪ねていくことで、自分のなかで抱いている漠然としていたイメージが具現的になり、住宅建築に対して前向きになれるのです。多くの住宅メーカーでは、無料で参加できる見学会を開催しています。週末などの空いた時間を活用して訪ねてみるのが良いでしょう。

新築一戸建てには注文住宅と建売住宅の2種類があります。注文住宅は最初に土地を購入して自分の希望の建物を建てるのに対し、建売住宅は最初から土地と建物がセットで売り出されています。