フルオーダーで注文住宅を建てるデメリット

そもそも「フルオーダー住宅」とは?

住宅の建築を検討している時、「注文住宅」と言った言葉を見かける方は多いのではないでしょうか。注文住宅とは購入者が土地探しを行い、土地を購入してから間取りなどを自由に決め、好みの住宅を建てることを言います。この「注文住宅」は、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」という二つに分類されています。セミオーダー住宅は、基本仕様がある程度決まっていて、自由度の低い住宅になっています。一方、フルオーダー住宅は、購入者が深く関わり、望む間取り、窓枠や木材などのすべてについて業者とともに計画し、建築する住宅のことを指します。以下では、この「フルオーダー住宅」のデメリットなどについても詳しく述べていきます。

時間とお金を要するフルオーダー住宅の注意点

フルオーダー住宅は購入者の自由度が大変高くなっており、理想の家を建築することができ、好みの壁紙や木材、窓枠や外壁の色味などあらゆる仕様を望むように注文することが可能です。一方、フルオーダー住宅は資金や時間、知識が必要となります。セミオーダー住宅などよりもコストがかかってしまう上に、一から住宅を作るためには不動産や建築に関する知識もなくてはならず、大変な手間がかかります。セミオーダー住宅自体をそもそもやっていないという建築業者も多く、予定していた金額よりもかかってしまう可能性もあります。フルオーダー住宅を作る際には資金、時間、知識が必要であることに加え、予想外の事態などが起こる場合もあるため、注意が必要です。