セミオーダーで注文住宅建築を建てるメリット

手間と費用がかからない

注文住宅で家を建てる場合、フルオーダーを頭に浮かべる人は多いでしょう。しかし初めての注文住宅であれば、セミオーダーにしておく方が無難です。理由は、フルオーダーよりも手間がかからないからです。フルオーダーはドアの種類や窓枠、柱に使う資材など無数にある選択肢の中から一つを選ばなくてはなりません。そのため慣れていない人だと、どれにしたら良いのかわからずとても大変です。その点セミオーダーでは、あらかじめ工務店やハウスメーカーが厳選した二、三個の候補の中から選ぶだけで良いのです。おかげで打ち合わせをする手間を少なくできます。また海外から特殊な設備を取り寄せるといったことがないため、フルオーダーよりも費用を抑えることが可能です。

意外とできることは多いです

柱やトイレ、風呂やキッチンの位置を変更することはできないのが一般的です。ただその他のものに関しては、意外と自由にできるのがセミオーダーの良いところです。例えば耐震強度に問題がないのであれば、壁を取り払って部屋を広くしたり、窓の位置をずらしたりといったことができます。他にも吹き抜けにしたい、ボルダリングができる壁にしたいという要望に応えてくれるハウスメーカーは少なくありません。そしてハウスメーカーによっては、オプションという形でさまざまな設備を設置できるようにしています。具体的には暖炉をつける、蓄電池を設置するといった具合です。このようにセミオーダーでも、オリジナリティ溢れる住宅の建設ができるのです。